TOP特別レッスン 受験講座受講生 東邦音楽大学パフォーマンス総合芸術文化専攻 合格 おめでとう

トピックス

特別レッスン 受験講座受講生 東邦音楽大学パフォーマンス総合芸術文化専攻 合格 おめでとう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祝・合格 2020年度音大入試

伊佐知子先生の受験講座受講生のA・Fさんが、東邦音楽大学パフォーマンス総合芸術文化専攻に見事合格されました。昭和楽器スタッフ一同、心よりお喜び申し上げます。合格されたA・Fさんから合格体験記をいただきましたので、後輩の皆様はぜひ今後のご参考になさってください。

A・Fさんの合格記

私は東邦音楽大学パフォーマンス総合芸術文化専攻に合格しました。
私は2歳の頃にピアノを始め、桜井先生と嶋沢先生には幼いころからお世話になりました。
小学校6年生の頃に伊佐先生につき、作曲を本格的に習い始めました。
 進路を決める上で、作曲家になりたいという想いがあり、ずっと他大学の作曲専攻にしようと決めていましたが、次第に作曲家になると言うだけでなく、自分自身で作詞作曲や舞台上でのパフォーマンスがしたいと思うように変化し、この大学を受験しました。

受験はオーディション型式と書いてあり、何をしても良いというものだったので、弾き語りをしました。
ここを受験すると決めてからは、ずっと曲をどこまでいい曲に出来るかと学校でも家でもずっと楽譜を書いていました。そしてひとつの物語をイメージしたジャズ調の曲を完成させました。
私自身、この曲は気に入っており、それでいてこの曲で合格できたのでとても嬉しかったです。

本当にずっと私の受験に携わって下さった伊佐先生には感謝しかないです!
今後も自分らしさをモットーに楽しい音楽作りを続けて行きたいです。大学でも頑張ります!
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加