株式会社昭和楽器
TOP11月30日、12月1日 ヤマハエレクトーンコンクール2019ファイナル NHK大阪ホール

トピックス

11月30日、12月1日 ヤマハエレクトーンコンクール2019ファイナル NHK大阪ホール

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11月30日(土)12月1日(日)NHK大阪ホールにて、ヤマハエレクトーンコンクール2019ファイナルが開催、昭和楽器から5名が出場されました。

全国のヤマハ特約店店別大会、地区大会、ファイナル選考会を勝ち抜いてきた国内の生徒さんと海外からの出場者を加えた49名が2日間にわたり素晴らしい演奏を披露されました。
昭和楽器からは小学生低学年部門に小金井康平さん(小3、嶋沢郁子先生、ユニスタイル春日部)、山田結爽さん(小3、杉崎祐子先生、川越センター)、小学生高学年部門に市川結衣さん(小6、杉崎祐子先生、川越センター)、一般部門に瀨戸萌歌さん(高2、倉掛奈緒美先生、ユニスタイル春日部)、仁禮陽基さん(高3、倉掛奈緒美先生、ユニスタイル春日部)の5名が出場、長い間弾きこんできた自由曲と、小学校高学年と中学生、一般は課題曲をあわせて2曲を演奏、出場者全員がファイナリスト賞を受賞されました。

ヤマハサイトのYEC内容はこちらから

ヤマハエレクトーンコンクール2019ファイナル出場,ファイナリスト賞受賞おめでとうございます

小学生低学年部門:小金井康平さん(小3、嶋沢郁子先生、ユニスタイル春日部)

YECファイナル、とても楽しかったです。大阪に着いた時は、ワクワクしていたのですが、広いホールを見たら緊張感が高まってきました。
心をこめて一生懸命演奏しました。僕は、いい演奏が出来たと思いました。拍手がすごく嬉しかったです。
昨年の悔しさをバネに頑張ってきて良かったです。嶋沢先生とファイナルに行けて本当に良かったです。先生、応援してくれた人達、本当にありがとうございました。
来年からは高学年部門になります。上手になったねっと言われるように、頑張ります!
★嶋沢郁子先生より
康平君、ファイナル出場おめでとうございます。
去年の冬休みに自分で楽譜を書くと言って、この曲を選びましたね。まだ小学3年生なので全て1人で楽譜にするのは大変だろうと思っていましたら、ほんの少しのアドバイスで、どんどん書いてきましたね。スコアを見て、CDを聴いて、丁寧に書いて来るので感心しましたが、それを楽しくやっているというので、頼もしく感じました。
演奏も毎日頑張りましたね。ファイナリストに選ばれた後も、この曲が大好きで、楽しく練習してくれていました。
来年もまた康平君に合った曲と出会えるといいなと思います。
一緒の楽器店から何人もファイナルに行けたので、それも嬉しかったです。お世話になりました大木先生、楽器店の関口さん、八代さん、そして応援してくださったユニスタイルの受け付けさんや、クラスのお友達に感謝したいと思います。ありがとうございました。

小学生低学年部門:山田結爽さん(小3、杉崎祐子先生、川越センター)

 ぼくは、この1年間初めての事ばかりでした。けれど一番達成感を感じられ、楽しかったのは、やはりYECファイナルでした。
ファイナルでは今までの大会とは違い、楽しさが増していました。ステージで弾くわくわく感がたまらなかったです。このような達成感を感じられたのは、やはり、先生やお母さん、そして支えてくれた人達や応援してくれた人達のおかげです。
 最初は緊張していた店大会でしたが、だんだん上の大会に行くにつれて、緊張がほぐれていきました。僕が大好きなこの曲、いつまでも弾いていきたいです。この曲やファイナルで頂いたトロフィーには、たくさんの人の応援の声や、杉崎先生との楽しいレッスンの思い出がたくさんつまっています。ファイナルに向けて頑張ってきた時間、ファイナルで過ごした時間は、ぼくの宝物です。先生、お母さん、応援してくれた人達、支えてくれた人達、本当にありがとうございました。これからも素敵な演奏を届けられるよう、頑張っていきたいです。
杉崎祐子先生より
ゆいさくん、YECファイナル頑張りましたね!
本番の演奏、本当に堂々と大変立派なステージ演奏で、大きな拍手をいただいている姿は輝いていました!
アレンジ変更したとはいえ同じ曲を、ずっと弾き練習し続ける事は初めての経験だったと思います。これで終わりという正解はなく色々なアプローチを重ね、課題を課してきましたが毎回懸命に応えてきました。皆さんに応援してもらい、それも励み力にしてきましたね。
JOCの1週間後の本番でも大きな舞台をこなした経験は、これからの、ゆいさくんの糧となると思います。日頃の練習をしっかりと!が大切、また頑張りましょう!!

小学生高学年部門:市川結衣さん(小6、杉崎祐子先生、川越センター)

初めてのYECファイナルは、とても思い出深い1日でした。
選考会から2ヶ月間、大阪のステージをイメージしてワクワクしながら練習して来ました。
ファイナル当日は、大きなホール、沢山のお客様、シーンとして緊張感漂う空気…少しドキドキしましたが、弾き始めたら先生、お友達の応援が支えになり、曲への想いもフレーズや息づかいへの拘りも、全てを出し切って演奏することが出来ました。楽しみながら幸せな気持ちで弾けました。
自由曲は長い期間弾く事で、どんどん曲への愛着も増して、演奏を深める喜びを味わえました。また、課題曲を1ヶ月半で仕上げる事は、杉崎先生とだから頑張れました。
ファイナリストになりたいという目標が叶い、ステージで満足の行く演奏が出来たのは、いつも杉崎先生が音楽を伝える為に大切な事をレッスンで教えて下さったおかげです。また、お教室の友達や楽器店のスタッフの方々が温かく応援してくれて、とても心強かったからです。どうもありがとうございました。この経験は私にとって特別なものになりました。周りの皆様に感謝する気持ちを忘れずに、これからも毎日練習を頑張ります。
杉崎祐子先生より
ゆいちゃん、YECファイナルでの演奏、とても素晴らしかったです!!
ここまで言い続けてきたことを全て出しきって演奏してくれた事、ゆいちゃんのこう弾きたい!という熱い気持ちを見せてくれた事、大変嬉しく思います。
今年の課題曲、新分野で新鮮だったと思いますが難しさも多々ありましたね。でも練習を重ね楽しめるようになり本番での演奏は本当に完璧でした!向き合い続けた自由曲も大きな拍手をいただき満足の演奏だったと思います。
約1年、このファイナルと共に精神的にも大きく成長してきました。周りの応援して下さる皆さんの声も絶えず意識させステージに立つ力に変えてきたつもりです。
来年、中学生になり更なる飛躍を楽しみにしています。練習の大切さは1番ゆいちゃんが分かっていると思います。また、頑張りましょう!!

一般部門:瀨戸萌歌さん(高2、倉掛奈緒美先生、ユニスタイル春日部)


一般部門:仁禮陽基さん(高3、倉掛奈緒美先生、ユニスタイル春日部)

今年のオリジナルは、いつも、心を明るく照らしてくれる音楽と、これからも関わっていきたい気持ちを表したいと思い、今まで勉強してきた中で一番好きなジャンルで、好きな要素をたくさん取り入れた曲にしました。
色々な参考にしたい曲を聴いたり、先生方にご相談したり、何回もやり直したり、悩んだり、とても大変でしたが、自分の中では、とてもお気にいりの1曲になりました。
その曲で、目標だったファイナルまで持って行く事が出来、本当に嬉しかったです。
課題編曲は、やりたい事をまとめ、3週間で仕上げるのは、泣きたいくらい大変でしたが、大阪の素晴らしいNHKホールで、気持ち良く演奏させて頂く事が出来て、とても幸せでした。
これも、今まで支えて下さった先生方や、応援して下さったまわりの方々のおかげです。本当にありがとうございました‼


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加