昭和楽器 サイトトップ 株式会社 昭和楽器
〒344-0067 春日部市中央1-44-10 TEL048-737-0707


ピアノスタディを学ぶ生徒さんのお声 No.4   2016年9月 生徒さんの声No.3はこちらから
徳田  亜里先生
瀬谷 あすかさんは小学1年生の女の子です。


瀬谷 あすかさんより・・・私は、おねえちゃんがピアノを弾いている姿を見て憧れ、
5歳より習い始めました。
毎年、夏の発表会はとても楽しみで、みんなのように練習をして上手くなりたいです。
将来は、先生のようなピアノの先生になりたいです。

お母様から・・・未来(小4)とあすか(小1)の姉妹で4歳と5歳から、それぞれ徳田亜里先生にご指導を頂いております。
レッスンではいつも亜里先生が優しい笑顔で迎えてくれます。子供達は、亜里先生のレッスンを受けるのが楽しくて仕方ない様子。
今日のレッスンは、こんな事したよ。先生とこんなお話をしたよ。」と楽しそうに話してくれます。
家では時折、子供がどちらからともなくピアノを弾き始め、二人だけの発表会が始まります。
レッスン中の曲から以前レッスンした曲、学校で覚えた曲にネコふんじゃったまで。
この姿を見ていると、本当に二人ともピアノを楽しんでいるんだなと実感します。
これは、技術の面はもちろんですが、亜里先生から教わったとても大切なことであり、子供達の人生に潤いを与えてくれるのではないかと思っています。

徳田先生より ・・・あすかちゃんと、お姉ちゃんの未来ちゃんと、いつもニコニコでレッスンに来てくれます。
レッスンではいつもやる気満々で、楽しそうに弾いたり歌ったりして、頑張っていますね。
あすかちゃんは去年の発表会は、初めてだったので、先生と一緒に連弾で出演しましたが、今年の発表会は、「一人で弾く!」と決めて、練習も頑張って本番も大成功でしたね。今度は、テキストの終了近くに、グレードテストも初めて受験します。これからも楽しみながら、一緒にレッスン続けていきましょうね。
加藤 里奈先生
M.Oさんは小学5年生の女の子です。

ピアノスタディ7からレパートリーコレクションズへ移行予定です。

M.Oさんより・・・毎年ヤマハピアノコンサートグレードや発表会に出ています。
今年のコンサートグレードは、スタディ7の「舞踏の時間に」「メロディ」の二曲で出ました。
二曲とも、大きく弾くところと小さく弾くところがしっかり分かるように弾くのが少し難しかったですが、
たくさん練習したので本番では上手に弾けて良かったです。
夏の発表会は、ディズニーの「ホールニューワールド」を弾きました。あと三曲でスタディ7が終わります。
これからも頑張ります!

加藤先生より・・・Mちゃんは小1からスタディを続けてくれています。
スタディはレパートリーだけでなく楽典やワークなどもあり、もう7まできているので音楽全般の色々な知識も技術も身についています。コンサートグレードや発表会などのイベントにも御家族が協力して下さり積極的に参加してくれるので、イベントに出る度にどんどんステップアップして毎回私の方がびっくりしています。妹さんも小さい手で一生懸命練習してスタディ2を頑張ってます。
いつか2人で連弾をして欲しいです。
小牧 亮子先生       

小池 結さんは6歳の女の子です。

小池さんより・・・この間の発表会でメヌエットを弾いて、みんなにほめてもらえてうれしかったです。次の発表会ではいっぱい練習してトルコ行進曲を弾きたいです。

ご家族さまより・・・年少の夏から通っています。先生にほめられるのが嬉しいみたいで、家で練習してできるようになるたびに、「先生喜ぶかな?」と言って次のレッスンの日を楽しみにしています。
なかよしピアノ1の時は一緒に楽譜を読んで練習していましたが、なかよしピアノ2の途中からは一人で楽譜を読めるようになり、先生からの注意も自分で聞いて直せるようになっていき、この2年での成長をすごく感じています。
これからも、ピアノを楽しんで通っていってほしいです。

小牧先生より・・・上手に弾けた時の嬉しそうな顔がとても印象的な結ちゃん、毎回コツコツ練習に取り組んでくれています。様々な曲に興味を持ってくれるので、なかよしピアノの他にもクラシック、ポピュラー問わず色々な曲に挑戦しています。
人前での演奏も本番の回数を重ねるたびに堂々と弾けるようになり、自信になってきているようです。今年2月にはコンサートグレードにも挑戦し、見事合格しました。今は11月のコンサートグレードに向けて頑張っています。
これからも楽しみながらチャレンジしていってほしいと思います。一緒に頑張っていきましょうね。